DMM FX新規取引キャンペーン達成〈3ヶ月以内に500Lotの新規取引をする方法をブログで紹介〉

スポンサーリンク
チャート投資

DMMFXの口座を2020年4月9日に開設しました。

A8.net経由でDMMFXの口座を開設&入金をすると30,000円貰えます。

A8.netの申し込みページはこちら

新規口座を開設した後は、DMMFXの新規取引キャンペーンに取り組んでおりました。

口座開設から3ヶ月以内に500Lot取引をすることで20,000円獲得出来るキャンペーンです。

合計で50,000円貰えるチャンスなので、A8.net経由でDMMFX口座を作成して入金して500Lot取引することをおすすめします。

今回は新規取引キャンペーンの500Lotの取引を達成しましたので、ブログにて報告します。

中間報告の記事です。

 

DMM FXキャンペーンの詳細

DMMFXキャンペーン

引用:DMM FXホームページ

スマホでスピード本人確認を行うと最短で1日で口座開設、取引開始出来ます。

口座開設完了日から3ヶ月以内に新規取引500Lot以上で20,000円キャッシュバックされます。

キャンペーンの20,000円はいつ振り込まれるのか?

月末に取引数量を確認されて、達成されていれば翌月中旬にDMMFX口座にキャッシュバックされると記載されています。

私の場合には5月末に取引数量が確認されて、6月中旬には20,000円が振り込まれる予定です

振り込みが確認されたらブログにて報告します。

DMM FXキャンペーン達成までの軌跡

DMMFXトレード結果

4月9日から取引出来る日は毎日取引を実施して5月15日に500Lotの新規取引を達成しました。

506Lot取引しての収支は−1,686円でした。

DMMFX通信簿

ほぼ全ての取引をドル円で行いました。ユーロ円の1回の取引は操作ミスによる取引です。

スプレッドが最も小さいドル円で取引することが損失を少なくするポイントだと考えて取り組みました。

利益が出た取引は47% 損失が出た取引30% 同値撤退の取引23%

500Lot新規取引を1ヶ月で行った方法を紹介

1回の新規取引に対して必ず損切り設定(逆指値の注文)を設定していました。

利益が出たら逆指値の設定を建値に置き直し、損失が出ないように設定

利益が伸びればさらに注文を重ねて、逆指値を建値に設定を繰り返す、安全策で取引をしていました。

後半損失がかさんだのは予想と値動きが逆になり、損切りにつぐ損切りで連敗した為です。

流れに逆らわずに逆指値注文を設定しながら、利益を確定させていけば、大やけどしないで取引が可能だと思いました。

利益がでて、決済する際には1度両建てにすると利益を確定させながら新規取引数を1つ増やせるので、両建てにして利益を確定させてから一括決済ボタンを押していました。スプレッド分損しますが、新規取引回数は増えるので期間が迫っていたり、早く達成したい方にはおすすめです。

  • スプレッドが最も小さいドル円での取引
  • 新規取引後は逆指値注文を設定して損切りの設定を必ずしておく
  • 利益が出たら、逆指値注文を建値に変更する
  • 利益を確定させる際は両建て注文をいれてから一括決済する

DMM FXの良い所、残念な所

メリット・デメリット

DMMFXの残念な所

スマホのチャートに斜めに線が引けない・・・

主に15分足を見ながら取引していましたが、チャートにラインを引く機能はあるのですが、斜めにラインを引けないのは少し残念な所でした。

DMMFXの良い所

逆指値設定が細かく設定出来る。

以前に使っていたDMMFX以外のFX口座では300ポイント以上離れた価格を指定しないと設定出来ませんでした。

例えるなら1Lotの取引で300円利益が出ないと逆指値の設定を建値に設定し直せませんでしたが、

DMMFXは10円でも利益がでていれば逆指値の設定を建値に設定し直す事が可能なので細かく取引する時にはDMMFXは使いやすく感じました。

どこのFX会社の口座が特別使いやすいというのはあまりないのかなと思っています。基本的な機能はどこのFX会社の口座でも大きく変わらないので慣れるまでの問題というのが結論です。

DMMFX新規取引キャンペーン達成 まとめ

DMMFX口座の新規取引キャンペーンを試してみたいと思っている方で、500Lotの取引は可能なのか?と不安に思っている人に自信を持って3ヶ月で500Lotは可能だと言えます。

DMMFX口座を開設して、10万円入金して、500回新規注文を行えば、20,000円貰えるので、今回の記事を参考に安全に500回取引して下されば嬉しいです。

DMM FX⇐口座開設はこちらからどうぞ

最後まで読んで頂きありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました