ジュニアNISAは楽天銀行orSBI銀行?何に投資する?

スポンサーリンク
投資

ジュニアNISAは2016年からスタートした未成年者少額投資非課税制度です。

我が家にも対象年齢の子供が2人いるためジュニアNISAで投資しています。

我が家は楽天経済圏(生活の固定費を楽天グループの各種サービスに切り替えている)なので、何の迷いもなく楽天証券でジュニアNISAを開設しましたが、開設して3年目になり実際に投資してみると、SBI証券も良かったなと思っています。投資する銘柄も色々思うところがあります。

今日はこれからジュニアNISAを初めてみようと考えている方に、我が家のジュニアNISAの状況を紹介したいと思います。

ご参考いただければ幸いです(*´-`)

ジュニアNISAとは

ジュニアNISAは2016年からスタートした未成年者少額投資非課税制度です。

でも残念ながら2023年で制度廃止が決まっています。

ジュニアNISAは未成年(0歳から19歳まで)の方が対象で、1年間80万円まで非課税で5年間投資できるのでお子さんがいる方にはおすすめできる制度です。

金融庁HPより

色々条件があってわかりにくいですよね。

でも簡単に言うと、

0〜19歳の未成年のお子さんがいて

年間80万円を上限に投資

それで得た配当金や分配金などは非課税で受け取ることができて

年間80万円までの投資は2023年まで(2023年でジュニアNISAは廃止)

2020年に投資した分は2024年まで非課税で運用

2021年に投資した分は2025年まで

2022年に投資した分は2026年まで

2023年に投資した分は2027年までジュニアNISA口座で非課税で運用できます。

5年経過したあとは継続管理勘定に移管(ロールオーバー)をして引き続き非課税で運用

そして子供が20歳になったらNISA口座に自動的に移管されて運用を続けることができる

ざっくり流れはこんな感じです。

色々調べた中で、SMBC日興証券のHPがわかりやすくジュニアNISAについて説明してくれているのでジュニアNISAの内容を詳しく知りたい方はご参照ください。

ジュニアNISAとは|NISA│SMBC日興証券
「ジュニアNISAとは」についてのページです。&#12...

ジュニアNISAのメリット

改めてジュニアNISAのメリットの確認です!

まず冒頭にもちらっと書きましたがメリットは以下の通りです。

  1. 1年間80万円の非課税投資枠
  2. 非課税期間が最長5年間
  3. 非課税期間終了後は特定管理勘定口座に移管されて運用できる
  4. 子供が20歳になったらNISA口座に移動して運用を続けることができる

非課税ってそんなに良いの?って疑問に思う方もいるかもしれませんが、課税だと配当や売却益から20%(復興特別所得税は考慮していません)も引かれます。

非課税で長期投資できるのはかなりメリットです。

ジュニアNISAのデメリット

今までは色々とデメリットが多くて人気がなかったのかもしれません。

でも廃止が決定してから使い勝手が良くなりました。

  1. 子供の年齢が18歳になるまで引き出すことができない→2024年からは引き出すことができる
  2. 途中で口座を廃止して引き出した場合、遡って課税される→課税されなくなる

初めからこの条件だったらジュニアNISAはもっと利用されていたかもしれません(*´-`)

あとは廃止決定後も変わらないルールでデメリットは

  1. 譲渡損失が発生した場合、ジュニアNISA口座以外で発生した他の利益(配当金・分配金・譲渡益)との損益通算ができない
  2. 譲渡損失の3年間の繰越控除の対象とはならない

開設は楽天証券?SBI証券?

なぜ楽天証券かSBI証券の二択にしたかというと、この2社が取り扱い銘柄が多く人気だからです。

我が家は買い物や電気、銀行や証券会社も楽天にまとめている楽天経済圏のため、ジュニアNISAも迷なく楽天証券で口座開設しました。

でももう少し色々調べてから開設するべきでした。

なぜならジュニアNISAは一度口座開設すると金融機関を変えられないからです。

我が家は色々投資を勉強していく中で、米国ETFを積み立てしたいと思うようになりました。

でも楽天証券では米国ETFを購入することができなかったのです。

私が調べた時点で米国ETFを積み立てられるのはSBI証券だけでした。

なので国内銘柄だけでなく米国ETFなども買ってみたいならSBI証券がおすすめです。

我が家はもう変えられないので、今後楽天証券でも選択肢が増えることを願うしかありません。

これからジュニアNISAを開設する方には選択肢の多いSBI証券会社で口座開設する事をおすすめします。

ジュニアNISAで買う銘柄は?

ジュニアNISAを開設したら次に何で運用していくか迷うと思います。

我が家は配当の高い株式銘柄を選びましたが・・・ちょっと失敗だったかなと思っています。

ジュニアNISAのメリットは非課税で長期運用できる事です。なので長期で保有できる、保有したい商品を選ぶのが良いです。

それなのに、我が家は当時高配当の日産をジュニアNISAで購入・・・。

その後カルロス・ゴーンの一件で株価は急落、そして無配。最悪です(u_u)

でも株を売却してしまえば、ただただNISA枠を消費しただけになってしまうので長長期で日産が良くなっていく事を願うしかなくなりました。

他にも株主優待で高級シャンプー&トリートメントがもらえるアジュバンコスメジャパンや、株主優待で買い物ができるイオン、オリックスなどの個別株を購入していますが

今後、我が家はジュニアNISAでは個別株よりはインデックス投資メインにしていこうかと思っています。

楽天証券ならeMAXIS Slim米国株式(S&P500)、SBI証券ならSBIバンガードS&P500インデックス・ファンドが良いと思っています。

どちらも信託報酬が少なくコストを抑えて投資できる点が魅力です。

まとめ

ジュニアNISAは2023年で廃止になってしまいますが、今から利用しても3年ちょっと投資できます。2024年からは払い出しの制限がなくなるので子供が成長していく上で必要な時に使うこともできます。

また1年間の投資の上限80万円を貯めるのは無理だから利用しないというのも勿体無いです。

特にお子さんの年齢が低いほど非課税期間が終了しても特別管理勘定口座に移管して、非課税で運用できる期間が長いのでぜひ活用して欲しいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

※投資の最終的な決定は自己判断でよろしくお願い致します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました