家計の節約をしたいならまずこの3つを実践してみてください!基本編

スポンサーリンク
節約

我が家は3年前までお金を好き放題使っていました。

当然貯蓄も少なく、あのまま過ごしていたら将来かなり不安でしたがFPの方のアドバイスをきっかけに家計を見直して節約することができました。

そのFPの方に勧められた節約方法を今日は基本編として紹介したいと思います。

この節約方法は節約しなきゃ、貯蓄しなきゃ・・と思ってはいるけど、なかなか上手くいかない人におすすめです。

基本編としたのは、いきなり節約を始めるのではなく、その前の現状把握、お金の使い方のリハビリが重要だと思うからです。

最初はレシートをもらったり、使ったお金を書いたり入力するのは面倒だったり慣れなかったりするかもしれませんが、徐々に慣れていきます。

頑張って節約して貯蓄しましょう!

1、現状の支出を把握する!

現状把握がまず一番大切だと思います。

現状の問題点がはっきりしない状態で改善していくのは曖昧すぎて長続きしません。

私もそうだったのですが、急に節約しなきゃ!と思い立ったりします。

月末にお金がなくなってきて思い立ったり、テレビで節約系の特集を見て思い立ったり。それで買い物をちょっと控えたりしてみたりしますが、どのくらい節約したら良いのか、何に浪費しているのか把握していないので結局三日坊主になってしまいます。

なのでまず現状の支出の把握から始めるようにFPの人に言われました。

我が家は買い物をしてもレシートをもらわない、家計簿は付けていない、結果何にいくら使っているか全く把握できていない状態だったのでまずそこからでした。

まず1ヶ月は節約を意識せずに生活しました。

変えたのは必ずレシートをもらい、支出を全部把握する事。

把握の方法はやりやすい方法ならなんでもオッケーです。

我が家はあえて超アナログの方法にしました。ノートにレシートを貼って一日の合計を把握していました。ざっくり項目を分けて各項目の合計も出しました。

でもこの何年かの間にキャッシュレスがかなり普及したので、現金で払う事が少なくなってきたと思います。クレジットカードをマネーフォワードなどのアプリに連動させて把握するのが簡単で良いと思います。

2、現状把握から浪費部分をチェック

次に1ヶ月分の生活費を項目に分けていきます。マネーフォワードなどのアプリを利用すると項目に分類してくれて自動計算してくれるので楽だと思います。

そしてどの項目の出費が多いか見ていくのですが、どこにお金をかけ過ぎているか基準がないと比較検討しにくいです。

そんな時に目安になるのがFP横山光昭さんが出した家計の黄金比率です!

目安、月の収入が40万円の場合の比率の金額を載せておきます。横山さんの黄金比率は厳密に言うと収入額や家族構成に対して比率を若干変えているようですが、目安としてご参考ください。ご自分の収入に比率を掛けて出してみてください。

住居費 25%(100,000円)

食費  15%(60,000円)

水道光熱費 6%(24,000円)

通信費 5%(20,000円)

小遣い 8%(32,000円)

預貯金 18%(72,000円)

生命保険料 4%(16,000円)

日用品 2%(8,000円)

医療費 1%(4,000円)

教育費 4%(16,000円)

交通費 2%(8,000円)

被服費 2%(8,000円)

交際費 2%(8,000円)

娯楽費 2%(8,000円)

嗜好品 1%(4,000円)

その他 3%(12,000円)

必ずしもこの比率でなくてはいけないということではないです!

でもとても絶妙な比率だと思うので比較に最適です。

この比率を元に自分の家計はどの項目に多く支出しているのかを見みるには良いと思います。

そして家庭によって重要視する部分も違うのでそこは毎月家計を把握していきながら自分たちの生活に合わせた比率にしていくのが良いと思います。

ちなみに我が家は黄金比率と比較してみたら食費がかなりオーバーしていて、目安60,000円のところ100,000円以上かかっていました。

家族みんな食べる事が大好きで毎週外食に行っていました。多い時は土日どちらも外食とか、昼も夜も外食とか。そこで外食の回数を減らすことにしましたが、本来食べることが大好きなのは変わらないので全く行かないのは悲しい。それで少しは行けるように食費、外食代合わせて80,000円で予算をみることにしました。我が家はおこずかいがあまり必要ではないのでその分を食費にまわしました。

このように大幅にオーバーしている項目から対策していけば改善しやすいです。

対策については実践編でやっていきましょう。

3、貯蓄の目標を決める

ただなんとなく節約、貯蓄するより目標を決めた方が達成感があって良いと思います。

具体的にどのくらい貯蓄したら良いか分からない方は初めは先ほどの黄金比率の預貯金18%を目標にしてみたら良いと思います。

月の収入が40万円の場合なら40万円×18%=72,000円を預貯金にあてます。

すると年間72,000×12ヶ月=864,000円貯蓄できることになります。

家計の節約をしたいならまずこの3つを実践してみてのまとめ

節約をしたいと思った時にすぐにネットなどで見れる節約方法を試したくなりますが、本当に節約体質な家計にしていくには、まず現状把握、浪費項目の把握がとても重要です。

最初は慣れないことをするので面倒かもしれないし、嫌になってしまうかもしれませんがそこをちょっと頑張ってみてください。慣れていきますし、家計も貯蓄額も変わっていきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました