楽天でんきに切り替えて3ヶ月経ったので切替効果を検証しました。

スポンサーリンク
楽天でんきに切り替えて3ヶ月経ったので切替効果を検証しました。楽天経済圏
わんこ
わんこ

楽天は電気も取り扱っているんだね

まるめがね
まるめがね

我家は元々J:COM電力だったから、電力会社よりも電気代お得だったけどどっちがどのくらいお得何だろう?

わんこ
わんこ

楽天でんきに切り替えて3ヶ月経ったから結果を紹介するね。

楽天でんきとは

楽天でんきは楽天エナジー Rakuten Energyの低圧電力提供サービスです。

基本料金がゼロ円,全国対応で手続きが簡単

グラフで電気をどれくらい使ったのか分かる。

楽天会員が楽天ポイント2,000ポイント申し込みをするだけでもらえる。

電気料金200円につき楽天ポイントが1ポイント獲得出来る。

支払いを楽天カードに設定すると楽天ポイントが100円につき1ポイント獲得出来る。

楽天ポイントの期間限定ポイントで電気料金を支払う事が出来る。

楽天市場 SPU スーパーポイントアッププログラムでポイントが+0.5倍

楽天カードを持っていて楽天市場でお買い物している人は電気の支払いを楽天でんきに切り替えるだけでメリット沢山あります。

料金比較

2019年8月、9月、10月と支払いが確定しておりますので、1年前の8月、9月、10月の電気料金と比較してみます。

赤く枠がついた所が比較対象です。

これだけ見るとどちらが安いかまだ正直わかりません・・・

電気代推移

8月に楽天でんきに切り替える前はJ:COM電力でした。

J:COM電力は家のネット回線とセットでお得になって電力会社よりも電気代が安くなるので加入していました。

J:COM電力 8月8,217円 9月9,984円 10月7,053円 3ヶ月合計 25,254円

楽天でんき 8月9,327円 9月8,622円 10月8,856円 3ヶ月合計 26,805円

比較した結果、3ヶ月で1551円高かったです。

よく分からなかったのでこれから1年通して比較したいと思います。

料金シミュレーションの結果と考察

同じ条件で北海道電力、J:COM電力、楽天でんきを比較してみました。

それぞれのホームページでシミュレーション出来ました。

2019年11月に従量電灯B 300kWh使った時の料金です。

北海道電力10,295円

J:COM電力10,164円

楽天でんき9,900円

3社のシミュレーション結果では楽天でんきが最もお得になりました。

北海道電力のシミュレーション

北海道電力料金シミュレーション

J:COM電力のシミュレーション

J-COMでんき料金シミュレーション

楽天でんきの料金表

楽天でんき料金シミュレーション

楽天300kWh使った際には9,000円の消費税9,900円と同じ量を使うとやすくなりそうです。

エリアによって料金が異なるので、実際には計算してみてお得なら切り替え検討してもよさようですね。

それにしても北海道エリア他のエリアと比べると高いんですね。

それでも切り替えるメリットがあるので、他のエリアにお住いの方はよりお得になりそうで羨ましいです。これで切替のポイントと楽天でんきと楽天カードのポイントも獲得出来るので

楽天でんきのメリット

ポイントがつく事以外にもグラフがわかりやすい事もメリットです。

楽天でんき結果グラフ グラフのみ

こんな感じのグラフが楽天でんきのマイページから確認出来ます。

月毎や日毎の比較なども見やすくてこれだけでも節約の意識が上がりますね。

まとめ

① 楽天電気は料金体型がシンプルで安くなる可能性がある。
② 分かりやすいグラフを用意してくれている。
③ 楽天カードを持っている楽天会員ならポイント分さらにお得になる。
わんこ
わんこ

楽天会員は切り替えを検討する価値がありそうだね。

まるめがね
まるめがね

申し込みで2000ポイントのキャンペーンやってますよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました