スパイスからカレーを作る方法 おすすめのスパイスを紹介

スポンサーリンク
スパイスおすすめ商品

カレーライス大好きな人に本当に読んでほしい!!

カレーを作るのが好きで週末は大体カレーを作っています。

最近は近所のスーパーで売っていて、どハマりしたスパイスがありましたので、作り方と一緒に紹介します。

自炊は節約の基本だけど毎回同じだと飽きるので、たまにはスパイスからカレーを作ってワクワクしてみてはいかがですか。

スパイスは少し値段がはるけどいつもと違うヘルシーでオーガニックなスパイシーカレーはカレー好きにはたまらないはず

 

わんこ
わんこ

カレーが大好きでスパイスからカレーを作るとワクワクして楽しいよ!

まるめがね
まるめがね

これはハマるよね♪

カレー好きにはぜひぜひ試してほしい🎶

スパイスからカレーを作るメリット・デメリット

メリット

  • ヘルシー
  • スパイシー
  • ワクワクする
  • 美味しい

市販のカレールーには、牛脂やラードなどの脂質や小麦粉などが含まれています。

市販のカレールーは味が濃いと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

スパイスから作るカレーはヘルシーにそしてスパイシーに何よりいつもと違うワクワク感が得られます。

何より美味しいです!!

デメリット

  • 少しお値段が高い
  • 旨味が少し物足りなく感じてしまう

正直お値段は高いです。

しかしながら、スパイスからカレーを作っているというワクワク感や自分でいちから味付けできる喜びに比べたらお値段は我慢出来る範囲だと思います。

後は市販のルーに慣れていると旨味や塩味が物足りなく感じます。

これはスパイシーなスパイスの香りと辛さでカバーです。

おすすめのカレー用スパイスはこれだ

エヌ・ハーベストのカレースパイスは近所のスーパーでたまたま見つけてなんとなく手にとってみたのがきっかけです。

作ってみると余計なものが一切入らないヘルシーでスパイシーなカレーが作れたので、それ以来はまっています。

スパイスからカレーを作る手順

カレーの材料達

材料

有機カレースパイス辛口 25g 1袋

にんにく 2かけ

生姜 少し

トマト缶 1缶

豚ひき肉 200g

玉ねぎ 3つ

じゃがいも 適量

人参 適量

にんにく生姜玉ねぎを炒める

手順1

にんにくと生姜をオリーブオイルで炒める。

そこに微塵切りにした玉ねぎと人参を入れて玉ねぎがきつね色になるまで炒める。

玉ねぎを取り出して豚ひき肉を炒める

手順2

炒めた玉ねぎと人参をフライパンから取り出し

豚挽肉を炒める。

豚挽肉の色が変わったら、スパイスを投入して香りが経つまで炒める。

そこにじゃがいもと炒めた玉ねぎ人参、トマト缶を入れる。

手順3

水を800ml投入しじっくり煮込み塩胡椒で味を整えると出来上がりです。

旨味が足りないと感じる方はコンソメなどを追加しても良いです。

トマト缶やじゃがいもを入れるところは写真に撮り忘れましたが、簡単に出来上がります!!

スパイスから作ったカレー

スパイスからカレーを作る方法 まとめ

スパイスは少し高いです。

いつものカレールーが200円、エヌハーベストカレースパイス550円

この差を埋めるくらいワクワク出来て、何より美味しいのでおすすめです。

本格的なスパイシーなカレーを外食で食べたら家族で数千円それが家で数百円足すだけで作れるなんて幸せです。

自炊で節約もいつもと違うスパイスからカレーを作る事で楽しく美味しく感じてもらえたら嬉しいです。

いつもは辛口だけど次回は甘口も試してみます。

我家はカレーを作る時もスキレットで玉ねぎを炒めます。

スキレットを使ってみた感想の記事です。

一生使えるLODGE(ロッジ)のスキレットを使ってみた感想
2016年の夏にキャンプで使う用にLODGE(ロッジ)のスキレット10 1/4インチを購入しました。 今ではキャンプ料理だけでなく、家の料理でもフライパンとして使っています。 鉄のフライパンは一生使えるので考えてみるとかなりエコ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました